【注意喚起情報】
偽サイト・詐欺サイトの
被害が多発しています!

【事例1】
 偽ショッピングサイト(含ふるさと納税)について
 偽ショッピングサイト等個人情報や金銭をだまし取られる被害が発生しています。
 最近では、ふるさと納税の返礼品を装って お金をだまし取ろうとする詐欺サイトも確認されており、県内自治体のふるさと納税を装って、返礼品画像を不正コピーした詐欺サイトも確認されています。
ふるさと納税サイトの商品は、
あくまで納税の返礼品として
送られるものですので、
申込(支払)金額の値引はありません!
【偽サイト等にお金を振り込んでしまうと…】
・お金を振り込んだのに、商品が届かない。
【個人情報(住所、氏名、電話番号、メールアドレス、クレジットカード情報等)を入力してしまうと…】
・迷惑メールや不審な郵送物等が届いたり、不審な電話がかかってくるようになった。
・勝手に商品を購入された、クレジットカードを不正利用された。(不正アクセス被害)

     …などといった被害が発生してしまいます。
〜 初めて利用するショッピングサイトには、十分注意しましょう。 〜
【こんなサイトには注意しましょう】
○ 見慣れないURL(ドメイン)が使われていませんか?
  URLに見慣れない
    ●●●.top ●●●.xyz ●●●.bid ●●●.info ●●●.site ・・・等
 のドメインが使われていたら、注意!(あくまでも目安です。)
○ サイト内に記載されている日本語が不自然だったり、粗雑な作りではありませんか?
  表示やリンク先がおかしかったり、表示に異常に時間がかかるサイトは注意!
○ サイトに記載された運営会社は実在していますか?情報は正しいですか?
  所在地、電話番号、責任者名等がでたらめ、あるいは、無関係の会社から勝手に引用
 されている場合があります。
  利用前に、ネットで会社やサイト等の評判(詐欺ではないかどうか)をよく確認!
○ 商品情報(価格、在庫、商品説明)に不審な点はありませんか?
  「他のショップでは売り切れの限定商品の在庫がある」「他店よりも値段が安い」等
 であってもあわてて購入せずに、まずは詐欺ではないか疑いましょう。
  あえて「残り1個」「セール終了まで○秒」などと煽るサイトもあります。
○ 料金支払い方法が、説明と実際とで食い違っていませんか?
  説明では、クレジット払い・代引き支払いができると記載があるにもかかわらず、
 実際の決済画面では、銀行振込しか選べない等、当初の説明と食い違う点がないか確認
 しましょう。
 ※ 振込先口座が個人名義の場合は、更に注意しましょう。
   また、クレジットカード情報を入力させられて盗み取られるケースもあります。
【被害にあわないために】
○ ふるさと納税を利用する際は、自治体ホームページからアクセスしましょう。
  検索サイトで表示されるサイトは、偽サイト等のおそれがあります。
○ 基本的なセキュリティ対策を実施しましょう。
  セキュリティ対策ソフトをインストールしていると、偽サイト等にアクセスしようと
 した際に、「危険なサイト」などと警告表示されます。
 ※ 開設されて間がないサイトなど警告が出ない場合もありますので、過信は禁物です。
  また、OS・ソフトウェアは最新状態に、ID・パスワードは適切に管理しましょう。
 ※ 最初から設定されている初期パスワードのまま使用せず、類推されにくい、任意の
  パスワードに変更しましょう。また、パスワードを複数のサイトで使いまわさないよ
  うにしましょう。

ネットショッピング利用の際は、真正のサイトかどうか十分に確認して
詐欺等の被害にあわないようにお願いいたします。



【事例2】
 宅配業者を騙る不審メールと偽サイトについて
 実在する宅配業者の不在通知などを装って、
本物そっくりの偽サイトに誘導しようとする、不審メール(SMS、ショートメッセージサービス)等に関する相談が全国及び新潟県内で急増しています。

 偽サイト内で「貨物追跡」ボタンをクリックするなどして、ソフトウェアのダウンロードを承認すると不正アプリ(ウイルス)がダウンロード・インストールされてしまいます。

 また、偽サイト内で、スマートフォン等の電話番号や、サービスのID,パスワードの入力を要求され、個人情報が盗まれてしまうサイト(フィッシングサイト)も確認されています。
【不正アプリをインストールしてしまうと…】
・自分のスマートフォンから、いろんな人に、勝手にショートメールが送られてしまう。
・知らない人から、宅配便の再配達の電話がかかってくるようになる。
・プリペイドカードなどの商品を勝手に購入される。 

     …などといった被害が発生してしまいます。
【電話番号やID,パスワードを入力してしまうと…】
・プリペイドカードなどの商品を勝手に購入される。
・クレジットカードを不正に利用される。
・インターネットのサービスで、なりすましの被害を受ける。

     …などといった被害が発生してしまいます。
 【被害にあわないために】
  ○ 心当たりのないメールは、開かずに削除する。
  ○ メール本文中のURLを不用意にクリックしない。
  ○ アプリのインストールは公式マーケット
   (アンドロイド〜Google Play,iPhone〜AppStore,
    その他キャリアのアプリサイト等)から行う。
  ○ サイト内で、不用意に個人情報(ID,パスワード等)を入力しない。
【もし、インストールしてしまったら】
 別の不正アプリを勝手にインストールしてくるものがあり、削除(アンインストール)
したように見えても、消えていない場合があります。
 速やかにお使いのキャリアの会社に相談して頂き、端末の初期化をご検討ください。
 (重要なデータは、定期的にバックアップを取りましょう。)
お役立ち情報 協議会について 活動内容 参画団体(リンク) 国際情報大学